ノンキーの安全日記


こんにちは! ノンキーです。

今日は右折について考えてみたいと思います。

ある程度の大きさの交差点ではほとんど右折レーンがありますから右折するときはここを通ると思います。

たまに一車線だけど広くて自動車が2台並べてしまう場合、右折しようとしている自動車がセンターライン寄りに止まってくれていれば良いですが真ん中だったり、ときにはやや左寄りだったりすることがあります。

これは道路に表示もありませんから間違いでもありません。

でもこの道路をよく使っている自動車はわかっているので暗黙の車線割があり、センターライン寄りに停車してウインカーを出して待機していてくれます。

こうすると後続車もすんなりと左寄りにしてスムーズに直進なり左折に対して待機できます。

できれば道路をそれとなく確認して何処に待機するとそのあとの通行がスムーズにいくのか、気にしていただけると嬉しいですね。

そして信号が青になったら交差点内に進入するわけですが、あまり前に進まない自動車もいますが先頭でしたらある程度交差点内に入って待機で良いと思います。

道路に待機のための停止線が表示されている場合はそこで、無い場合は中央付近で良いかと思います。

右折車線がない交差点で待機する時ですが乗用車などかなり車体を曲げた状態にしているのを見かけますが、

これだと左に車両が出るため後続の直進・左折車が通れないことがあります。

ですのでこの場合、交差点内に進入して停車する寸前でハンドルを少し切るかもしくは停車後切るようにするとスムーズな通行ができるのではないでしょうか?

昔、教習所でこう教えてもらった記憶がありますが今はないのかな⁈

とにかく周りも注意してみんながスムーズに通行が出来るようにしましょうね!

では安全な一日を!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。